教育

シンガポールの教育相 (MOE) からのEdusave Award

こんにちは、こなつです。

12月になると、シンガポールのローカルスクールに通っているシンガポール国籍の生徒は、教育省からEdusave Awardという賞が与えられたというレターが届くことがあります(ポリテクとITEは違う時期)。

この賞は何種類かあり、人格、リーダーシップ、行動、学習態度、学業成績に基づいて授与されます。

そしてなんと賞金ももらえ、来年の1月に各地域で表彰式が行われます。

さて、どんなことで表彰されるのでしょうか?

今回は小学生の場合のみ書いてみます。

Edusaveの賞と奨学金

Edusaveプログラムとは、シンガポール教育省(MOE)がシンガポールの教育のために実施している制度のひとつです。

簡単に説明すると、6〜16歳までのシンガポール人の学業成績やそれ以外の面で際立った生徒に賞金を提供するというプログラムです。

Edusave Character Award【キャラクター賞】

各学校で行動や言動を通じて模範的な人格と優れた個人的資質を示した生徒のうち、最大2%まで。

(これは先生たちの話し合いで受賞生徒を決めるのでしょうか?)

賞金額

1~3年生: 200ドル、4~6年生: 350ドル

Edusave scholarships for government, government-aided and specialised schools【エデュセーブ奨学金】

学業成績が所属校のレベル・コースの上位10%以内であり、品行方正である者。

(成績が良くても素行が悪ければ除外されるのでしょうか?)

賞金額

小学校5〜6年生:350ドル

Edusave Award for Achievement, Good Leadership and Service (EAGLES) 【リーダーシップ賞】

各学校から最大10%の生徒で、リーダーシップの資質、地域社会や学校への奉仕、学業以外の活動での優秀さ、善良な行いを証明した生徒が対象。

(学業以外でよい目立ち方をすれば賞がもらえる感じでしょうか?)

賞金額

4〜6年生:250ドル

Edusave Merit Bursary (EMB)【功労奨学金】

1,2年生

年間を通じて常に前向きな学習態度が見られ、品行方正で、世帯月収が6,900ドル(または一人当たりの収入が1,725ドル)を超えない生徒が対象。

その他の学年

学業成績が所属校のレベル・コースの上位25%以内で、品行方正であり、世帯月収が6,900ドル(または一人当たりの所得が1,725ドル)を超えない生徒。

エデュセーブ奨学金を受給していないことが条件。

(EMBだけは、裕福な家庭の子供は賞金がもらえませんね。)

賞金額

1~3年生:200ドル、4〜6年生:250ドル

Edusave Good Progress Award (GPA)【向上賞】

1,2年生

EMBに該当しないが、年間を通じて学習意欲が最も向上し、品行方正であることを証明した生徒。

その他の学年

学力向上が所属校のレベル・コースの上位10%以内であり、品行方正である生徒。

(学力向上の上位10%ってデータを取るのが難しそうです。どの時点を比べるのか。一教科だけなのか、全教科なのか。)

賞金額

2~3年生:100ドル、4〜6年生:150ドル

※【】の中の日本語の賞は私が勝手に決めましたので少し変です。

こうしてみると、受賞される生徒は少ないわけではないということがわかると思います。

ちなみに賞金はPayNowという送金システムを使いますので、子供の銀行口座が必要ですよ。

MOEサイト:Edusave Award and Scholarships

がんばったら賞金がもらえる国

去年の表彰式前回の表彰式

初めてこの賞金のことを知ったときは、シンガポールらしいなと思いました。

しかしやる気を育てると同時に、競争意識も自然と子供たちに芽生えさせてしまう仕組みだなと感じます。

去年行った表彰式でも「来年も受賞できるように頑張りましょうね!」という感じでした。

発破かけるんだなぁ。

また永住権を持った子供たちも、外国人の子供たちもローカル校で学費を払って学習しているのに、賞が与えられないのはちょっと不公平な感じもしないでもありません。

あくまでも国民優先ということでしょうか。

ただ、MOEとは別に各学校でも成績優秀者などは賞をもらえるのではないかと思います。

これはシンガポール国籍であろうとなかろうと関係ないと思います。

息子の学校では、4年生以上は去年の成績の結果で各教科学年5位以内の生徒が1月に表彰されトロフィーをもらえるようです。

まだ試験をしていない2,3年生は、はっきりと成績の順位が出るわけではないので、先生の判断で受賞生徒を選んでいると思います。

コロナ禍の前は親も学校に表彰式に行けたそうですよ。

MOEからでも学校からでも、賞をもらえなかった生徒は残念でしょうが、賞をもらった生徒は当然すごくうれしいですよね。

シンガポールは競争社会。

私は競争に勝って欲しいと子供に思うよりも、競争することによるストレスに負けて欲しくないと思っています。

どうか心が健全に育って欲しいものです。

それでは。

 

↓シンガポール情報のランキングです。

参考になったと思われた方、ポチっとお願いします。

あなたの1ポチでブログ更新をがんばろうと思えるのです!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村