お出かけ

シンガポールの猫カフェに行ってきた【猫の庭】

こんにちは、こなつです。

今日スクールホリデー中の息子(8歳)と猫カフェに行ってきました。

猫カフェとは、猫と同じ空間で過ごし、猫と触れ合うことができるカフェです。

実は私たちは今日が猫カフェ初めてで、息子はなんと猫を触るのも初めてでした。

なぜなら私と夫は子供たちには、野良猫には衛生的な観点から触らないでと言っているからです。

でも私は昔、野良猫を普通に触ってましたけどね。

猫カフェに行った感想は「たくさん猫がいて起きている猫もいてよかった。でも思いっきりは触れられないので少し物足りない」でした。

だから「また行きたい!もっと猫と触れ合いたい」と思いました。

わが家へ猫を迎え入れたいところですが、うちは夫が猫アレルギーなので猫を飼うことはできません。

ていうか、たぶん私も猫アレルギーです。

今日はマスクをしていたからか、何ともなかったですけれど。

Cat Cafe Neko no Niwa (猫の庭)へ行ってきた

猫の庭外観

どこの猫カフェにしようかなとネットで探していたら、「Cat Cafe Neko no Niwa」が前から長くやっているようなので、まずはそこからと思い行ってきました。

お店の場所はボートキーにあります。

お店の目の前は車は通れないので、私たちはタクシーをお店の近くで降りて1、2分歩いて行きました。

スペインレストランの上の2階に階段を上がっていきます。

お店の前で様子をうかがっていると、中からお店のスタッフがどうしました?って聞いてきました。

なんと予約をしないといけないのを知りませんでした。

11時25分くらいに着いたのですが、12時なら空きがあるとのことで店頭で予約できました。

30分ほど時間をつぶさないといけなくなって、スタッフのおすすめに従いマクドナルドへ行って軽食を食べてまた12時に戻りました。

日本語の注意書き

飲み物

まず、入って靴を脱いでから石鹸で手を洗います。

そして飲み物を注文して、利用料とともに支払いを先にします。

私と息子で、1時間各12ドル×2、飲み物各3.5ドル×2=計31ドルでした。

SGD1≒JPY82で2,542円

注意書き 猫の紹介

お客さんも日本人の方が多いのでしょうか、日本語の注意書きと猫の紹介が書かれている紙の入ったクリアケースを渡されました(もちろん英語版もあります)。

といっても今日のお客さんに私以外日本人の方はいませんでした。

もっと人数制限をしているのかと思いましたが、10人くらいはお客さんがいたように思います。

お昼寝に入ったところ

昼寝している猫たちずらりと猫バスケットの並ぶ窓辺

猫は昼間は寝ていることが多いので心配しましたが、11匹の猫のうち常時3、4匹は起きてのそのそと歩いたりしていました。

でもやはりお昼寝タイムが近いのか、動いていてもすぐ横になって目を細めたりしていました。

窓際に猫が一匹ずつ入ることができるバスケットが並んでいて、眠くなった猫が台にピョンと飛び乗って、ゆっくりバスケットに入っていきました。

猫が活発な時間帯は、やはり朝一と夕方以降だそうです。

猫Robbie眠たそうなRobbie

抱っこはご遠慮下さいと注意書きにあったので、そ~っと撫でたり、ブラシが好きな子にはやさしくブラッシングをしたりしました。

猫Mileyブラッシングが好きなMiley

猫たちはみんなきれいにケアがされていて、毛玉ができがちな長毛種も毛玉などはなく、フワフワのきれいな毛並みでした。

猫カイカイ爪を研ぐKaikai
Little-Miss-Muffet半分寝てるLittle-Miss-Muffet

みんなお顔がかわいらしい猫さんでした。

ここの猫たちはのびのびとしていて健康的で、お店の方に大事にされているんだなと感じました。

まとめ

猫を飼いたいけれど飼えない、またはたまには猫に癒されたいと思う方はぜひ猫カフェへ。

息子も貴重な体験をしたようで、興奮するような面白さではないけれど、楽しかったようです。

でも一時間がちょうどいいですね、子供には。

だんだん飽きてくるので。

先に書いたように、猫は昼間はお昼寝をするのでお店に行くのならば11時のオープン時か夕方以降を予約したほうが楽しめていいと思います。

注意:7歳未満の子供さんはお店に入店できないのと、予約が必要な事を気を付けてくださいね。

お店→Cat Cafe Neko no Niwa

それでは。

 

お読みくださってありがとうございます。また来てくださいね!

 

↓シンガポール情報のランキングです。

猫カフェ行きたい!と思われた方、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村