オモシロシンガポール

シンガポールのCNYに何を食べる?

こんにちは、こなつです。

2022年は2月1日がChinese New Year(旧正月)にあたります。

私はシンガポールにお嫁に来たのですが、CNYのお祝いはレストランで中華料理を食べたり、親せきの家で開かれるパーティであらゆる料理を食べるという感じで、何が正月料理なのかよくわかっていませんでした。

魚生(イューシェン)だけは典型的なので知っていましたが。

そこでよその家庭は一体何を食べるのだろうと、興味が沸いていろいろな友達に聞いてみました。

もちろんチャイニーズの家庭の正月料理ですよ。

さて何を食べているのでしょうか?

CNYで食べる料理

魚生(イューシェン)

Yushengこれは2014年のCNY

まず、絶対食べるのは魚生(イューシェン)、刺身入りサラダです。

イューシェンは前菜のような感じで、食事の最初に儀式をして食べます。

1人の人が縁起のいい言葉を呪文のようにかけながら、細切りにした野菜の上にサーモンやライムジュース、プラムソースなどの食材や調味料を追加していきます。

最後に皆でお箸で野菜を豪快にすくい上げて、”Huat Ah!!”(フワッラー、富と繁栄)、  “Tio Toto!”(ティオトート、宝くじ当たれ)、”More Money!!” など様々な願いを叫びながら混ぜる有名なやつです。

たくさんの人がいるほど、楽しくにぎやかな感じになります。

上の写真にはすごい数のお箸があるでしょう?

コロナ前は大勢の親戚で集まっていましたから。

レストランではお店のスタッフが準備をやってくれますが、去年はコロナのせいで義理の両親の家で少人数でやったので、みな食材の追加の順番などよくわかっておらず、適当な感じになってしまいました。

詳しく知りたい方は「魚生」または「Yusheng」で検索したらたくさん出てきますよ。

アワビ

Abaloneアワビとナマコ

アワビもCNYに好んで食べられます。

去年夫がCNYの前に会社から高級アワビの缶詰をもらってきたのですが、私はどう調理していいかわからなく、ただ単に温めて食べたら別においしくなく、残念な感じになってしまいました。

今年また手に入るのだったら、ちゃんとYouTubeを見ておいしそうなレシピに挑戦します。

中華料理いろいろ

Treasure-Potトレジャーポット

あとは各家庭の出身地やレストランによる感じでしょうか。

発音が縁起のいい意味に聞こえる料理を食べたり。

日本のおせち料理と同じ考え方ですね。

髮菜蠔豉(ファッチョイ・ホウシー)Black moss seaweed with braised dried oyster、算盘子(サンパンツー)Yam Abacus Seedsなんかもあるそう。

(画像が無くててすいません。)

他には魚、エビ、ローストポーク、フカヒレなんかも食べます。

CNYで食べるスナック

プラスチックのコンテナや缶に入っているお菓子

パイナップルタルト

pineapple-tartパイナップルタルト

パイナップルタルトは、典型的なCNYのお菓子。

どこの家庭にも用意されていますし、手作りする人も多いですよ。

ラブレター

ラブレターラブレター

ココナッツ味の薄〜いクッキー。

これは壊れやすいので、そっと扱わないといけません。

kuih bangkit クエバンキ

クエバンキクエバンキ

これは私がCNYで食べるお菓子の中で一番好きなビスケットです。

Keleのクエバンキを食べたときにファンになりました。

タピオカ粉で作った、ホロリと口の中で溶けるお菓子です。

和三盆のお菓子に少し似ているかもしれません。

 

他にもピーナッツクッキーやコーンフレーク、フッシュクラッカーなどたくさんあります。

これらのコンテナに入ったお菓子はスーパーでも売られていますし、デパートやモールの菓子店でも売られています。

値段は色々ですが、試しに買うならスーパーの物で十分じゃないでしょうか?

肉干(バックワ)

Bak Kwaバックワ

基本は甘いポークジャーキー。

最近はチキンやビーフのものも売っています。

前は私はバックワを甘くて好きじゃないなぁと思っていましたが、年数が経つうちにだんだん慣れていました。

でも、もう少し甘さ控えめにしたらもっとおいしいのになぁって思います。

Kue Lapis(クエラピス)

Kue-Lapisクエラピス

クエラピス、私たちはラピスケーキと呼びます。

このケーキが高価なのは、一層ずつ焼くので手間がかかるのと、大量の卵とバターが使われているからです。

バウムクーヘンに見かけは似ていますが、味はかなり違います。

しっとりとして濃厚でほんのりスパイスの味がします。

私も昨日、高島屋でラピスケーキを買いましたが、お店の人にCNYまで日持ちすると聞いたので何も考えずそのまま室内に置いておきましたが、さっき箱を見ると要冷蔵と端っこに書いてあります。

今から冷蔵庫に入れても大丈夫でしょうか?

しかも製造日が書かれていません。。

年糕(ニェンガオ)

Nian-Gaoニェンガオ

これはスナックと言っていいのかよくわかりませんが、もち粉とブラウンシュガーなどで作ったお餅。

私はニェンガオを食べたことがありません。

お友達によるとすっごく甘いらしいです。

紅龜粿(アンクークエ)

アンクークエアンクークエ

(写真は有名店 Ji Xinag Confectionery から)

うちはCNYでアンクークエを食べたりしませんが、お友達の家では食べるそう。

お祝い事で食べることが多いお菓子です。

中身はピーナッツやスイートビーンなどの餡がありますが、夫はピーナッツが好きです。

私はピーナッツ以外をいつも選びます。

日持ちはしないのでなるべく早めに食べたほうがいいです。

まとめ

CNYの料理は豪華な中華料理なら何でもありって感じですかね。

日本と違って、正月に食べるスナックの種類が多いと感じます。

来客用に簡単にすぐ出せるからかもしれません。

旧正月が関係ない方も、どれか食べてみたい気になりませんか?

シンガポールのCNYの食文化を体験するために、いろいろ買って試食してみても楽しいかもしれませんね。

それでは。

 

↓シンガポール情報のランキングボタンです。

おもしろかったと思われた方、シンガポール情報っていうボタンをポチっとお願いします。

これは、いいねボタンのようなもので応援になります〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村