買い物

エスプレッソマシンがわが家にも【illy Y3.3 iperEspresso】

こんにちは、こなつです。

ついにわが家にもエスプレッソマシンがやってきました。

illyのものです。

私はなるべく台所に物を増やしたくないのですが、エスプレッソマシンはちょっと欲しいなぁと思っていました。

でも今どきのドリップパックコーヒーは結構おいしいから、わざわざマシンを買わなくてもいいかなと今まで買っていませんでした。

先月夫がクレジットカードのポイントがたまったので、クリスマスプレゼントとしてillyのエスプレッソマシンを買ってあげようかと聞いてきました。

調べたところ『Y3.3 iperEspresso』はサイズもコンパクトで、評判もよかったので購入を決定しました。

さっそくですが使ってみた感想は、

  • デザインがスッキリしておしゃれ。
  • マシンは思ったよりかなりコンパクトで場所を取らない。
  • ドリップコーヒーとは違った、エスプレッソで作るカフェラテが家で飲めるようになってうれしい。
  • 掃除も簡単。
  • コーヒーのカプセルも1杯約93セント(約80円)で高くはない。

現在、お気に入りで毎日使っています!

新しいエスプレッソマシンを買おうかなと思っている方の参考になればいいなと思って、情報をシェアしたいと思います。

illy Y3.3 iperEspressoって

illy-Y3.3-White

illyはイタリアの老舗のエスプレッソブランド、日本はキーコーヒーが正規代理店。

illyのマーク、日本でもシンガポールでもときどきカフェなどで見かけます。

私の購入した『Y3.3 iperEspresso』は、シンプルなタイプの一般家庭用のマシンです。

家庭用ですが本格的な味のコーヒーが楽しめます。

しかもエスプレッソだけでなく、ドリップコーヒーも楽しめます。

デザイン

illy Y3.3 iperEspresso

このマシンは、とにかく見た目も機能もシンプル!

建築家でありデザイナーのピエロ・リッソーニのデザインだそう。

(いや、私はそういうのに詳しくないので知らない人ですが有名人っぽい。)

見た目がマシンマシンしていなくて、かわいらしくないですか?

そしてとてもスリムでコンパクト。

大きかったら場所を取るからいらないやと思っていたのですが、その心配は皆無。

横幅がたったの10cm。

奥行きはまぁまぁありますけれど。

寸法(W×D×H)10 × 29.8 × 25.4cm

本当は白が欲しかったのですが、クレジットカードの提携するショッピングモールでは赤か青しか選べませんでした。

人気がないカラー、、なのかな?

夫は赤がかっこいいと言ったのですが、キッチンに赤い物があると目立っちゃって嫌だなと思い、淡いブルーにしました。

わが家のキッチンには静かに馴染んでいますよ。

お味

一番大事なのは味ですよね。

まずエスプレッソにして飲んでみましたが、苦いけれども深い味わいでおいしかったです。

ただ私はあの少量の濃いエスプレッソを日常的に飲む習慣がないので、通常はミルクを入れたカフェラテにします。

先にカップにミルクを入れてレンジで温めて、その上にエスプレッソを抽出するやり方です。

うん、お店の味。

もしや、スタバのコーヒーよりおいしい?ように感じるのですが。

クレマっていうエスプレッソの表面にできる濃密な泡がたっぷりできますので、カプセルの中のコーヒー豆は新鮮なのかなと思います。

クリーニング

マシンの掃除

とても簡単。

上の写真のようにパーツを外してサッと洗うだけです。

私は一応コーヒーを作る前はエスプレッソボタンを押してジャーっと熱湯で洗い流します。

コーヒーを淹れ終わった後にポタっと垂れるコーヒー色の水が付いた受け皿も、使用済みカプセルが落ちるところも、パーツをカパッと外せて水洗いができます。

クリーニングが大変だと、たまにしか洗わなくなって不潔ですよね?

すごく簡単に洗えるデザインであるのはうれしいです。

カプセルの値段

カプセル

最初はマシンにカプセルが14個付いてきたので、4種類のコーヒーを楽しみました。

その後追加でAmazon Freshでコーヒー豆のカプセルを買いましたが、どこの店も似たような価格帯だと思います。

しかしネスプレッソと違いillyのカプセルは他社の互換性がないので、illyのカプセルを買わないといけないようです。

1缶に21個のカプセルが入って19.5ドルなので1杯約93セント(約80円)。

SGD1≒JPY85.5(2022年1月5日)

インスタントコーヒーに比べたらもちろん高いですが、カフェで飲むコーヒーと比べたら断然安いですね。

注意点

二種類のカプセル左はドリップ用、右はエスプレッソ用

このマシンはエスプレッソとドリップコーヒーが楽しめます。

コーヒーカプセルもエスプレッソ用とドリップ用があります。

(キーコーヒーはドリップコーヒーをフィルターコーヒーと言っている。)

エスプレッソ用を使って、ドリップコーヒーボタンを押したらアメリカーノ(お湯で薄めたエスプレッソコーヒー)になるんじゃないの?と思ってやってみたら、うまくいきませんでした。

ドリップ用を使うと通常200mlくらいの湯量になるのですが、上記のやり方だと50mlくらいの少量のコーヒーが出てきて、もう一回ボタンを続けて押すとまた少量の水が。

なんか抽出中に変な音がしていたような気がするし、コーヒー豆のかすがカップの中に落ちてしまいました。

コーヒーも台無しになったし、もしかしたらマシンに負荷がかかったかもしれません。

もうやってはいけないと思いました。

もしアメリカーノが飲みたいのなら、エスプレッソに自分でお湯を入れるべきだというこを学びました。

まとめ

『Y3.3 iperEspresso』、私的にはよい買い物をしたと思っています。

ていうか、よいプレゼントをしてもらってうれしく思っています。

ネスプレッソのマシンを使っている人は多いみたいですが、illyもいいと思いますよ。

コンパクトでおしゃれで、味もおいしく、掃除も簡単で。

コーヒーの抽出中の音は気になりませんでした。

ただ、ネスプレッソのほうがカプセルの種類は多いですけれど。

エスプレッソマシンを買おうかなと思っている方の参考になったら幸いです。

それでは。

Y3.3 iperEspresso Blue

Y3.3 iperEspresso Black

Y3.3 iperEspresso Red

 

↓シンガポール情報のランキングボタンです。

illyのエスプレッソマシンのことがよくわかったと思われた方、シンガポール情報っていうボタンをポチっとお願いします。

これは、いいねボタンのようなもので応援になります〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村